家庭教師のメリット・デメリット

☆家庭教師のメリット・デメリット

どちらがいいのか?

「どちらがいいのか?」悩む親の方々も沢山いると思います。特にようじを預ける小学校受験の場合なんかはホントに悩みますよね。こちらでは両方のメリット・デメリットについてご紹介します。皆様が選ぶ際の参考になればと思います。

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師のメリット

家庭教師の最大のメリットは自分のペースに合わせて、自分の分からないところを重点的に細かく教えてもらえるということです。先生が一対一でじっくりと指導してくれるから、子どもが学校や学習塾よりも集中して勉強に取り組めます。そのため、勉強の習慣づけや苦手教科克服・受験対策にも効果が有ります。
また他の習い事や部活動等が忙しく、塾に通う時間がない子供でも、家庭教師なら時間帯が指定できるので時間の融通がききます。さらに最近、通塾中におこる凶悪犯罪が増えていますが、通学も不要なので安心です。
家族が先生とコミュニケーションできるので、学習進度や子どもの抱えている問題点をすぐに知ることができます。

家庭教師のデメリット

家庭教師のデメリットは、なんといっても授業料が高いということです。また家庭教師だけの勉強だと他人と比較するこがないので、自分の実力を計る事ができません。なので必ず、集団の大きな模試を受けて実力を計るとともに弱点を把握して克服していくようにしなければなりません。
1対1の勉強はメリットも多数ありますが、デメリットもあります。それは競争意識が育たないということです。1対1なのでマイペースでやっていくのも良いのですが、受験は他人との勝負になります。他の人よりも1点でも多ければ勝ちという世界になりますので、ライバルに勝つという競争意識をもつことは重要です。また自分のペースでできるので「今日はこれで良い」なんて甘えがでてくることもあるかもしれません。

メリット・デメリット比較表

  メリット デメリット
集団塾

・カリキュラムがしっかりしてるので基礎から応用まで順序だ てて理解できる

・ライバルとの競争意識がうまれ成績が伸びやすい

・上手な講師に当たれば教科自体を好きになることもある

・集団授業の為、質問がしにくい

・他の生徒とレベルが違いすぎたりすると落ちこぼれることがある

個別塾

・わからないところを教えてもらえるのではじめは成績が伸びやすい

・自分のペースで勉強できる

・質問しやすい。

・個別と言っても個人指導時間が分担されてします。

・逆にペースを自分で作れない生徒は伸びない

・学生アルバイト講師が多い

家庭教師

・自分のペースで勉強できる

・1対1なのでさらに質問しやすい

・家なので安心

・甘えが出やすい

・競争意識が芽生えにくい

・料金が高い